高級ラウンジ出身者は、銀座の会員制高級クラブで活躍できる可能性が高いことが判明

会員制高級ラウンジで働いていた女性が、銀座の会員制高級クラブで活躍できる可能性が高いことがわかったのは、コロナ禍になった2020年後半のことです。

高級ラウンジで、ある程度の接客業を覚えた女性は、銀座の会員制高級クラブへの切符を手にしたも同然とも言えましょう。

これは言いすぎでしょうか?

いいえ。

どうやら、高級ラウンジで働く経験が、銀座の会員制高級クラブの接客業との親和性を高くしているようです。

 

 

高級ラウンジで働いていた女性が、接客業という仕事に目覚め、銀座で王道とよばれる会員制高級クラブで働くことを決意するという流れが潮流になりつつあるのかもしれません。

西麻布や恵比寿の高級ラウンジで働いていた女性(登録を含みます)は、大きく分けて以下の4種類の採用ラインのいずれかに属することとなります。

それは

高級ラウンジ4種類の採用ライン

  1. 出勤調整を一切かけられず、希望した日の出勤は100%認められるキャスト
  2. 出勤調整をかけられることもあり、希望した日の出勤も場合によっては希望通りの出勤が認められないこともあるキャスト
  3. お店から出勤の要請があったときだけ働けているキャスト
  4. 登録はしているものの、お店からなかなか出勤の要請がない、つまりお呼びがかからないキャスト

近年、上記に挙げられた女性の中で、銀座の会員制高級クラブに移籍を成功させ、接客業そのものを、さらに楽しまれている女性が存在している事実があります。

その女性は、銀座の名だたる会員制高級クラブのオーナー、オーナーママから絶賛され、お店から必要不可欠な存在へと成り、理想の環境を築いているのです。

それはまさに、「水を得た魚」ともいうべきほどに!

貴女がその1人かもしれません。

 

高級ラウンジから銀座の会員制高級クラブの移籍は銀座クラブ求人ランキングにお任せください。

例1・高級ラウンジで働いているうちに、接客業には次の段階があることを知り、銀座の会員制高級クラブへ移った

東京都心にある高級ラウンジがある代表的なエリアと言えば、まず最初に西麻布が挙げられるでしょう。

近年は、恵比寿も西麻布のクオリティに負けないほどの高級ラウンジが増えてきているようです。

そんな高級ラウンジですが、店内がゴージャスであることはもとより、自由出勤でペナルティなしとのふれこみは、ナイトワークが初めての初心者さんや、日々学業や遊びなどにお忙しい学生さん達も、気持ちをラクに始めやすいでしょう。

加えて、シフトが調整しやすいという会員制高級ラウンジ独特のシステムによって、ダブルワークには向いていると言われていますが、どちらかと言えば遅い時間に来客数が集中しやすい高級ラウンジのカルチャーは、しっかりと稼ぎたいのなら帰宅できる時間は比較的遅くなりがちなのだとか。

そうなると翌朝の出勤が早い企業に勤めている女性や、学業に忙しい大学1年生等に限って言えば、ダブルワークとの相性は決して良いとは言えず、一方で、睡眠時間をしっかり確保できている女性からしてみれば、ストレスなくダブルワークを実現できているはずです。

ちなみに、終電時間に間に合うように早く帰ることのできる女性は一定数いますが、お店側からしてみれば、ラストまで働いてほしいのが本音だそうです。

色々述べましたが、高級ラウンジを活用しているOLさんや学生さんは事実上多いというわけです。

重ねて申しますが、ナイトワークが初めての女性でも、働けてしまうのが高級ラウンジのメリットでしょう。

働くにあたり、一見敷居が低く感じる高級ラウンジですが、登録後のシフト基準は厳格に定められ、お店のカラーやタイプに合った女性が優先的に出勤できる傾向であるため、実際のところ敷居が低いとは言い切れないのが現実です。

ですので一部の女性からしてみれば、高級ラウンジで働く恩恵は得られないのではないでしょうか。

 

最初は

  • 「私でも簡単に働けるだろう」
  • 「誰にでもできる仕事なら私にでも!?」
  • 「接客業が未経験でもできると聞いたから」
  • 「気軽に稼げそう」
  • 「学生さんでもOKなら難しい仕事ではないはず」
  • 「仕事をしたい日を自由に決められるなら好都合」
  • 「ちょっとしたお小遣い稼ぎに働くには丁度良いのでは」

と思って面接をしに行っても、先ほど述べさせていただいた、面接登録時には 「高級ラウンジ4種類の採用ライン」のいずれかに該当するので、 ③と④に該当してしまえば、当然活躍の機会は多くはありません。

しかし、ワンチャン、イレギュラーとなる転機は誰にでも起こりえる可能性があります。
※別の機会に後述します。

何度も言いますが、高級ラウンジは圧倒的にナイトワーク初心者が集まってきやすい傾向で、各方面の業種で働いている女性がダブルワークの選択肢の1つとして検討されやすいということもあってか、結果的に高級ラウンジの各店舗の登録人数が飽和状態になりやすい傾向になるのです。

つまり、登録人数が多いことで、1人1人の出勤日数が少なくなってしまう可能性が高くなってしまいやすく、出勤日数を多くして収入を拡大したい女性にとって高級ラウンジで働くという選択がデメリットになるかもしれないのです。

極端な言い方をしてしまえば、週3日のシフトを希望しても、シフト調整対象者となれば出勤できるシフトを減らされ(週2、週1などに)、収入は減ってしまうことに。

ですので、結果的に 「高級ラウンジ4種類の採用ライン」 のうち①と②に該当した女性は、その時点で競争に勝っているという理論が成り立ち、つまりは銀座の会員制高級クラブで活躍する可能性が非常に高いことが判明しているのです。

高級ラウンジで着るお洋服
私服で働けるので、普段から着ているお洋服で間に合ってしまうのが高級ラウンジの良さと言えそうです。
むろん、お洋服のテイストに関しては各店舗ごとに定められていますので、お持ちのお洋服でコーディネートできないのであれば、購入する必要も出てきそうです。
しかし、キャバクラやクラブのように、仕事用のドレスを購入しなくてもよいのは、予算を考えないとならない女性にとってメリットと言えそうです。
しかし、比較的出勤が多い女性になると、日々のお洋服のコーディネートは大変で、案外お洋服代が高くつくのだとか。当然私服の着回しは、常連のお客様に通用せず、コーディネートには神経を使うことに。
となれば新たにお洋服を購入しなくてはならず、そうなると極端な話、長い目で見れば仕事用に着用するドレスの方が長持ちするので、ドレスで働けるお店を探すことになる女性も!

ところで、お店が理想とする女性像にマッチしていたり、タイプやカラーが合っているという理由で、お店から毎日の出勤を要請される女性もいますし、来店されているお客様の要望によっても要請されることがあり、お店によっては人気を獲得できる女性がどうゆうタイプであるかを精度高く把握しているのです。

もはや、高級ラウンジは敷居が低いとは言えず、この競争の上位を維持できた女性の大半は、銀座の会員制高級クラブでも活躍できるというのは必然とも言うべきでしょうか。

現在、各高級ラウンジの登録人数は日々累積され、相当な人数になっていることは、まず間違いないでしょう。

それぞれの高級ラウンジは1日のベストとされる出勤人数のおおよそを定められているわけですから、登録している女性全てが出勤できるとは限らないわけで、綺麗な言い方をすれば「現在人気絶頂を極めし」とも言えるのが、高級ラウンジなのです。

さらに毎年、成人となる女性が面接(登録ともいう)をしやってきますから、さらに競争は激化してゆきます。

ですので、1人単位で見て、高級ラウンジ登録から高級ラウンジ卒業までのサイクルは年々短くなっていると業界関係者は語ってくれました。

そういうわけで、「これからナイトワークで本格的に収入を増やしたい」と思っている女性は、次のステージ(新天地)とも言える環境を意識し始めるのは必然と言えるでしょう。

そして、その次のステージが、銀座で名だたる一流で有名な会員制高級クラブであるかもしれないのです。

貴女は接客業を続けてゆく上で、次のステージがどこなのかを想うなら、その1つに銀座の会員制高級クラブがあるということも知っておいて損はないでしょう。

高級ラウンジから銀座の会員制高級クラブの移籍は銀座クラブ求人ランキングにお任せください。

例2・高級ラウンジで働いているうちに、さらなるVIP層との人脈構築を目指し、銀座の会員制高級クラブへ移りました

初めてのナイトワークであれば、来店されているお客様の層について、疑問を持つことはほとんどないのではないでしょうか。

というのも、ナイトワークの経験が浅いので、比較する情報が少ないため、そんな疑問を持つにいたらないのです。

つまり、圧倒的に経験不足であるわけです。

ところで、接客業を始めた当初は、お客様の良さを「フィーリングの良さ」だと思ってしまいがちですが、新人さんの時期は致し方ないでしょう。

むろんフィーリングの良さは大事ではあるのですが、それだけでは、客層が良いとは断言できません。

ナイトワーク初心者からベテランのホステスさん全てに言えることだと思いますが、お客様の層の良さはホステスさんそれぞれが考える定義は異なるものです。

たとえば、優しく接してくれるお客様のことを、「良い客層」であると判断する女性もいますし、多少気難しく感じる人でも、来店時に必ずシャンパンを入れてくださるような(資金力がありそうな)お客様を「良い客層」であると思う女性、さまざまです。

むろん、全てを満たすパーフェクトなお客様はホステスさんからの人気が高いことは言うまでもありません。

接客業をしているうちに次第と自分に向いているお客様のタイプや、自分の接客スタイルに合うお客様のタイプが、ハッキリとわかってきます。

そして、次第に今働いているお店に自分が理想とするお客様の来客人数が少ないことに気がついた一部の女性の中に、銀座で煌びやかで一流とされる名高い会員制高級クラブに興味を持つのです。

銀座の会員制高級クラブを知るキッカケはさまざまで、それはときに直感で、それはときにドラマや映画から、それはときにインターネットで、それはときにお客様や友人知人の声をきっかけに…。

可憐な魅力を解き放とうとしている貴女へ、銀座の会員制高級クラブは超ウェルカムで迎えてくれるはずです。

高級ラウンジから銀座の会員制高級クラブの移籍は銀座エージェントにお任せください。

例3・遊び感覚で始めた高級ラウンジでのアルバイト…どんどん接客業が楽しくなり、いつしか本気で接客業を仕事にしようと望む自分がいた

例3・遊び感覚で始めた高級ラウンジでのアルバイト…どんどん接客業が楽しくなり、いつしか本気で接客業を仕事にしようと望む自分がいた

接客業を本業にしたいと思った瞬間、そのときが遊び感覚で始めた職場を卒業する瞬間かもしれません。

もちろん遊び感覚をずっと持ち続けれるなら、なんて素敵なことでしょう!

決して忘れてはならない気持ちです!

ところで、どんな仕事にも練習があり、どんな仕事にも新人時代がありましょう。

それは、どの仕事にも言えることで、ナイトワークも同様なのです。

これはまぎれもなく真実だと思いませんか?

近年、高級ラウンジで接客業を慣らしてきた一部の女性が、「そろそろ本気で稼ごう」と思い、銀座の会員制高級クラブに移籍をはたし成功していることは珍しくなくなったのです。

以下の内容は、実際に高級ラウンジで働いていた女性が、銀座エージェントに、応募の理由を語ってくれたものであります。

関連記事

  1. これから銀座の会員制高級クラブで働かれる新人さんに伝えたいこと